スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺繍2

2012/12/19 10:49
思ったより簡単に刺繍仕様へと変身。
抑え、針、刺繍台セット、下糸上糸、刺繍枠に生地セット。
な、なんだ。ロックの糸替えより簡単じゃないか。

今回は帆布でドロップシューズバック タテ約27cm×ヨコ約21cmの端に刺繍。端過ぎてクマがヨレました。足もややズレたけれど、このズレがむしろよいかと。刺繍枠の半分しか布を挟まなかったというチャレンジャー的な感じでした。余裕を持って裁断しておいたほうがいいかも。そして文字部分、なんとなく針穴が残っていますが、糸が切れそのまま作動していました。2行でいいや~と中断。データは3行あり、よく読むとバレンタインデーがどーのこーのって書いてある…。そんなテキトーでも許される、いや私だけかも。

文字のサイズ:タテ5.6cm ヨコ10.0cm 今回は2行なので短い
くまのサイズ:タテ3.7cm ヨコ5.2cm

121219-1.jpg

1mmもズレずに刺繍するミシンに圧巻。

121219-2.jpg

サンタ柄、なんか結構すき…。こちらは機種に入っています。

121219-3.jpg

【2度の刺繍で感じたこと】

下糸は透明の専用下糸がありますがウルトラポス39色セットに入っています。※22色セットには入っていないそう。我が家はミシンを購入する際に39色セット付きでした。知らずに下糸を別途購入した記憶があります、はい…。

いかに刺繍枠にピンと張れるかで出来が違います。柔らかいガーゼタオルに刺繍したことがありますが、問題なくできました。接着芯を貼ったニットで試したいところ。

上糸や下糸が途中でなくなったり、針が外れたり中断する場合がありますが、どこからでもやり直しがきく、何色目の何針目という指定ができる。3年前はこれが凄く難しくて失敗しました。ちなみに我が家は一番安価のイノヴィスCR1000。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。