スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.D

2012/02/14 12:49
毎年恒例、姪っ子とチョコをつくりました。姉がお菓子教室の講師ということもありいつもアイシングには凝るのですが、今年はアラザンやスプレーで簡単にしようと。その代わりトリュフや型抜き…色々なものを作っていました。私はタルトカップを買ってきて流すだけ、これが一番簡単で結構美味しいんです。お昼を差し入れしてくれた父母は、最後にはラッピング要員で流れ作業をしていました。姪っ子、おじいちゃんに作らせるってひどい話です。

去年姪っ子が好きな彼にチョコをあげた逸話はというと「家がわからなくて渡せなかった」だそうです。今年は家がわかる人に渡したら?と言っておきました。

120214.jpg



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




No title

素敵~*この作業工程を見ているだけでも、うっとり!
女の子の好きがいっぱい詰まってる~~~~v-10v-238
こんなにかわいいチョコもらったら、私だったらすぐyes!って言っちゃうなぁ(笑)
ラッピング要員に駆り出せるお父様、素敵すぎます。
うちだったら…洗い物要員だなあ、使えても(どてっ)

むすっこくんはいくつもらってきたんだろうv-25
ママからのはうんと大きそう!



linoさん

こんにちは。
女の子ってピンクやらリボンやら可愛いですよね。
お父様なら洗い物を!?それはすごいです!!笑
毎年恒例になってしまい、ちょっとヤメ時がわからない私です…、ハイ。

かまどさん、ええええ!目分量?手分量?
そちらの方が私的に尊敬でした。笑



Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。